クレープのキッチンカーを作りました。想定していた予算と実際にかかった費用の備忘録

このたびクレープのキッチンカーを制作しました。お金に関することの備忘録をこの記事にまとめます。必要な人のために記録を残します。クレープのキッチンカーにかかった費用はいくらだと思いますか?想定した金額より多かったでしょうか、それとも少なかったでしょうか。答えは下記に全部記述してあります。

なぜこの記事を書こうと思ったか

私にできることはきっと他の人にもできるはずだから。COTORIDOのクレープをたべて「自分もキッチンカーを作ってみたい」と思ってもらえるような接客ができたときのために備忘録として。キッチンカーを作ったことがない人間がいろんな人のチカラをかりて完成させるまでの道のりを書きます。主に金銭面です。お金はすべてを解決するチカラを持ってます。今回かなり節約したほうだと思います。それでも予算は大幅にオーバーしたので、この記事はきっと皆様の参考になると思います。

当初のキッチンカーの費用想定

移動販売車。キッチンカー。フードトラック。軽バンで調理場があるものを想像してました。中古でいいかなと。相場をみても安ければ数十万円から販売されていたのでそんなに大きな資金は必要ないと考えてました。

当初の予定金額99万以下

失敗しても数十万。人生で死ぬ金額ではないし憧れの「自分のお店」のためならそこまで高い金額ではないと思えたのでキッチンカービジネスをする方向でアンテナを張り巡らせ生活するようになりました。

実際にキッチンカーを作る相談をして

ちょうど1年前の9月。キッチンカーの相談は実績のある会社にしました。あいあんクックさん( http://www.aiancook.co.jp/ )です。「キッチンカーを作りたいのですがー」的な、軽いノリで。かるーく見積もりだしてもらって色々考えよーって。最初は何時間相談したのだろう。2時間くらい?こういう車(軽バン・中古)を考えてるんですよーって。そうしたら中古はやめたほうがいいと

キッチンカーの中古はやめたほうがいい理由

なんでですか?中古はだめですか?私はUSED CAR、あまり気にならないタイプです。どうやらキッチンカーは乗用車の中古車と同じ考えではダメらしい。色々聞いた。なぜダメなのか。簡単だった。なんでその人はその車を手放したか。その車で上手くいかなかったから。その車が使いにくかったから。そしてキッチンカーの大半は火を使う車。前任者がどんな人でどんな作り方をしたかわからない車を使うのはリスクが高すぎると。なるほど。納得しました。そのとおりだと思います。なので私は早い段階で「キッチンカーは1から作る」ことを念頭に動きました。

最初のキッチンカー制作の打ち合わせが終わり

あいあんクックさんにはたくさんお世話になりました。いろいろ無料で相談してもらい、結果、ここでキッチンカーを1から制作することになるのですが最初に見積もりを出してもらったのはあいあんクックに相談してから半年近く経過した日です。それまで無料で、無償で相談に乗ってもらいました。あっちもビジネスですから契約が取りたくてしょうがなかったと思います。他にお客様がたくさんいるとはいえ。ご迷惑をおかけしました。そしてありがとうございます。

打ち合わせで見えてきたもの

  • 軽バンはダメ
  • 車体ベースは軽トラ
  • 軽トラだけどナンバーは軽自動車ではなく、サイズを普通車まで引き伸ばす(調理スペースの確保、冷凍庫の確保のため)
  • キッチンカービジネスで必要なことは「趣味でどれだけできるか」。最初から売れるわけないし。毎月かかるランニングコストをバイトしながら払ってもいいし。それが苦でないならキッチンカーで成功することは簡単
  • 営業場所は都道府県毎に保健所で許可をとる必要がある。そのとき1都道府県につき2万くらいかかる。2県で営業したいなら4万。3県なら6万…。どこでも営業ができる、というわけではないようだ。
  • なんだかお金がすごいかかりそうだぞ(想定してた5倍くらい)

キッチンカー(車体)以外の費用

このときはまだ見えてませんでした。車にばっかり気を取られていてその他の備品となる部分がいったいいくらかかるのか…。もっとちゃんと計算してGoogle検索してヒアリングして、とにかく情報を集めるべきでした。

当初考えていた費用

  • 車体
  • ガス(契約)
  • 車の保険
  • LP保険
  • 車載のキッチン道具など(クレープなら焼台や容器など)
  • 営業許可証の発行

その他に必要だったもの

  • 黒板看板(自作しました)
  • WEBサイト(自作しました)
  • ローン保険(自分がローンを払えない病気などにかかったときのためのもの)
  • サンキューカード(デザインは自作しました)
  • 名刺
  • スタッフTシャツ
  • エプロン
  • ワーキングキャップ
  • ビニール手袋
  • 各種紙コップやクレープを提供するときの包み紙(数千個単位)
  • 部屋の改装(モノが増えるので棚を作ったり…自作しました)
  • ハドメ(タイヤを止めるもの。自作しました)
  • カメラ(Youtubeにアップロードするため)
  • ドラレコ(GoPROで上記カメラと併用して使います)
  • 養生シート
  • 各種工具(念の為)
  • 消化器
  • 伝票
  • 領収書など
  • 紙タオル
  • テーブル&椅子(スタッフ用)
  • クーラーボックス(飲料保管用)
  • アルコール消毒
  • ETC
  • 車体を固定するためのジャッキ
  • 懐中電灯(夜間なにかあったときのため)
  • カーテン(デフォルトで装備がなかったため自作しました)
  • POS(レジです)

お店を経営するってとても大変なことなんだなと動き出してから理解しました。当たり前のようにあったもの、全部自分で用意するとなるととても大変でした。

支払い方法、金銭面の工面など

今回は国からお金を借りました。公庫からです。車体が改造費&軽トラ本体込で400万。運転資金で50万。この見積もりが甘かった…。運転資金200万以上借りておいたほうがよかったです。それでもお金が大きくかかるところは自分でやったので節約できましたが…。WEBサイトを自分で作るとなると数十万かかりますし、お店のロゴだって満足いくデザインを業者に頼んだらいくらかかるかわかりません。各種備品だって既製品のものを使うのとオーダーするのではかかる費用がかわってきます。ここに日々の材料費は含んでおりません。3ヶ月ほどの材料費も計算して借りたほうがいいです。絶対にそのほうがいいです…。材料費がなくなったら私はアウトです。

まとめ

そして今があります。できたWEBサイトが http://cotorido.com になります。COTORIDOで無事故無違反を貫き、たくさんの人のお腹を満たして社会貢献をしたいと考えてます。みなさま末永いお付き合いどうかよろしくおねがいします。

You Might Also Like