COTORIDO
- crepe shop -

COTORIDOが取り組むSDGs

持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

COTORID
Sustainable Development Goals

SDGs目標12番「つくる責任 つかう責任」
SDGs15番「陸の豊かさも守ろう」

食品ロスの削減にあたります。COTORIDOのクレープは全て売り切りで販売終了となります。売り切れないようにたくさん仕込むことはしません。出店した場所での売れ行きをメモし、次回への仕込みに反映させて食材の廃棄をできるだけ減少させます。
定期的に商品を見直し、売れ行きの悪いメニューの素材は思い切ってメニューから外します。素材を無駄に仕入れることを極力避けます。
地産地消にも心がけています。
フェアトレードの食材を使うことで開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立に貢献します。
現在はフェアトレードのコーヒー豆を使用しています。 看板や内装に廃棄予定の端材や合板を使います。端材は西川材を使用しています。

SDGs目標13番「気候変動に具体的な対策を」 SDGs14番「海の豊かさを守ろう」
SDGs15番「陸の豊かさも守ろう」

プラスチックごみの削減にあたります。 プラスチックごみを減らすためにお持ち帰りを非推奨とさせていただきます。これにより年間12万枚ほどのビニール袋の削減を目指します。
スプーンなどもプラスチックを使わず紙製品など自然に返るものを使います。プラスチックスプーンは年間500本、プラスチックマドラーは年間700本ほど削減されます。
発電機も従来のガソリンタイプのものは使わず、繰り返し充電可能なポータブルバッテリーを使うことでガソリンを年間360Lほど減らして営業を可能にしています。

SDGs目標1番「貧困をなくそう」
2番「飢餓をゼロに」
3番「すべての人に健康と福祉を」

子ども食堂の開設が上記に該当します。現在子ども食堂を一緒に開設していただけるスポンサー様・協力者様を募集中です。
開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立に貢献します。

SDGs目標11番「住み続けられるまちづくりを」
1番「貧困をなくそう」

有事の際に現場に駆けつけて炊き出しを行います。気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的ショックや災害で被災者たちの支援を行います。

SDGs目標17番「パートナーシップで目標を達成しよう」

クレープのキッチンカービジネスはたくさんの人を通じて完成します。 私達の組織も多くの事業者や生産者、キッチンカーを置かせて頂けるオーナー様などの協働によって成り立っています。 携わる全ての人々と日々情報を共有し現代社会のニーズに対応できるよう取り組んでいます。